Structural Science for Computer Aided Engineering and Solution

弊社で取り扱う構造解析システムに関する理論的背景、参考資料などを解説します。それぞれのセクションに表示されているボタンをクリックすることにより、それらの解説ページにジャンプすることができます。
 
技術解説


相関分析/モデルアップデート/設計最適化

FEMtools システム

FEMtools 技術サポート情報については、FEMtools.jpサイトのそれぞれのページから閲覧することができます。


実験モード解析

STAR 実験モード解析例

IMAC 2006 において、実験モード解析のデモンストレーションが紹介されました。対象の小型バギー車の耐久性、安全性を確認するため、実験モード解析を実施し、車体シャーシの低次モードに関する振動・騒音のトラブルシューテングを行いました。

  


 STAR 実験モード解析法

モード解析の基本として、単純な質量-バネ-減衰のSDOF系さらにMDOF系に関して、モードデータがどのように計算されるかを説明します。また、STARSystemのカーブフィット処理による構造物の振動特性を求める方法および構造変更や外力応答のシミュレーションについて解説します。

  


STAR 実稼動解析法

実稼動(ODS:Operating Deflection Shapes)解析は、運転状態の機械構造物に対して実施され、関心のある周波数での「実際の変形」を与えてくれます。ここでは、ODS解析の基本概念を解説します。


 STAR 時間領域解析法

時間領域解析は、”構造物は、どのように運動するか”の問に応えるものです。時間領域解析は、時間領域や非線形あるいは衝撃応答などの解析に利用します。時間領域法解析は時間領域の計測データを取り扱う処理であり、計測データから必要な情報と構造物の応答を得るため解析方法を解説します。



テストデータ・インターフェイス

すべてのFEMtoolsフレームワーク・ライセンスは、ユニバーサル・ファイル・フォーマットでのテストデータをインポートしエクスポートするためにトランスレータを含んでいます。
 
ユニバーサル・ファイル・フォーマットは、MTS I-DEAS TDAS, STAR Modal, Smart Office, ME'Scope, ICATS, Prodera,...によって使用されています。


FEMtools/STARModal/LISA FEA 解析スクリーンショット

FEMtoolslによる実験モーダル解析

STARModalによる実験モーダル解析の評価

FEMtoolsによるモデルアップデート最適化解析

LISA FEAによる最適化解析の評価

STARModalによる実験モーダル解析

LISA FEAによるFEMモード解析

STARModalによる実験モーダル解析

LISA FEAによる実験モーダル解析結果の評価

STARModalによる実験モーダル解析

LISA FEAによる実験モーダル解析結果の評価

LISA FEA Modal Response 解析

FEMtoolsによる Modal Response 解析結果の評価


有限要素法解析インターフェイス

FEMtoolsは、主要なFEAプログラム(ABAQUS、ANSYS、NASTRAN、I-DEASユニバーサル・ファイル)をサポートするアドオン・インターフェイス・プログラムを搭載しています。それらのインターフェイスはアスキーデータ、バイナリデータのデータ変換および実行処理、メンテナンスの最高水準を提供します。
 
その他のインターフェイス(FEMAP、SAP、ALGOR、MARC、LISA、...)もサポートされています。それらはコード化されたプログラムまたは、FEMtoolsスクリプトとして提供されます。それらのデータ変換には多少の制限が含まれますが、FEMtoolsaフレームワーク(標準モジュール)において利用可能です。スクリプトベースのインターフェイスは、ユーザーにおいて容易にカスタマイズすることもできます。析

FEMtools と LISA FEA による相関分析(FEMtools ⇔ LISA FEA)スクリーンショット


FEMtools有限要素法解析プラットフォーム

LISA FEA 静解析プリポスト・プロセッサ


LISA FEA 静解析プリポスト・プロセッサ

FEMtools有限要素法解析プラットフォーム


FEMtoolsによる最適化解析

LISA FEAによる最適化解析の評価


FEMtoolsによる動解析の相関分析

LISA FEAによるFEMモード解析の再評価

FEMtoolsによる相関分析と最適化解析

LISA FEAによる最適化解析の再評価


FEMtoolsによる静荷重解析と評価

LISA FEAによる静荷重(圧力)解析と再評価

LISA FEAによる静解析(熱伝導、熱荷重)

FEMtoolsによる静解析(熱伝導、熱荷重)の再評価


FEMtoolsによるモード解析/相関分析

LISA FEAによるFEMモード解析/相関分析の再評価


FEMtoolsによる最適化解析

LISA FEAによるFEMモデル最適化解析の再評価

FEMtoolsによる最適化解析

LISA FEAによる動的応答解析の評価

有限要素法解析データベース

一般に、有限要素モデルの定義において、すべてのデータの物理特性に関する長さ、重量、力、質量などの単位系の一貫性を維持することはユーザーの責任です。例えば、力学的解析における質量と質量密度などの混同することのないように、さらに、熱伝導解析、電磁場解析、流体解析などのそれぞれの単位系を使用する際には注意を払わなければなりません。

ここでは有限要素法解析で取り扱う主な幾何学特性、材料特性、境界条件、荷重条件などのデータ値を示します。解析においてそれらのデータ値を適切に換算することにより、有効な解析が可能となります。


弊社の取り扱い製品の背景となる技術に関する参考文献をご紹介します。

振動解析技術図書

モード解析関連の図書

(1)長松 昭男:モード解析入門, 1993, コロナ社

(2)安田 仁彦:モード解析と動的設計, 1993, コロナ社

(3)倉部   誠:図説モード解析入門, 1988, 大河出版

(4)加川 幸雄, 石川 正臣:モーダル解析入門, 1987, オーム社

(5)日本機械学会編:モード解析の基礎と応用, 1986, 丸善

(6)大久保 信行:機械のモーダル・アナリシス, 1982, 中央大学出版部

システム同定関連の図書

(1)M. I. Friswell, J. E. Mottershead :Finite Element Model Updating in Structural Dynamics (Solid Mechanics and  Its Applications, Vol 38), 1995, Booknews Inc..



●お問い合わせおよび資料をご希望の方は、以下にご請求ください。

〒211-0016 川崎市中原区市ノ坪 66-5 LM武蔵小杉第2-215
TEL:044-738-0315 FAX:044-738-0316
URL: Structural Science World  Reference: Structural Science Inc.