QuickField logo
Gallery 
Features
Gallery
Products
Applications
Model Editor
Postprocessor
ActiveField
Solver technology
Free Downloads
Support
News
Links

応用例 - スクリーンショット

QuickField システムは、それぞれの解析モジュールとプリ・プロセッサ、ポストプロセッサで構成され、各種の解析に応用できるように設計された、より実践的で柔軟な解析システムです。その複合的な解析機能により、電磁場、温度場の線形・非線形・非定常解析および電流、機械的応力などの解析を組み合わせた連成問題に応用することができます。また、いくつかのウィザードはキャパシスタンスやインダクタンスなどの一般的な積分計算を自動化します。


電磁場、温度場、電流フローおよび静荷重(応力)の解析モジュールごとの最適な解析ソルバーにより、問題が公式化され、それぞれの計算プロセスが実行されます。

プリ・プロセッサは、画期的なモデルエディタ、メッシュ生成技術、物理特性の定義手法に基づきます。また、外部CAD(DXF)とのインターフェイスをサポートしています。


電場解析モジュールの最適な解析ソルバーにより、3D電場問題が公式化され、それぞれの計算プロセス、ポストプロセスが実行されます。

電磁場の解析モジュールごとの最適な解析ソルバーにより、3Df電場問題が公式化され、プリプロセス、計算プロセス、ポストプロセスが実行されます。




電磁場の解析モジュールごとの最適な解析ソルバーにより、3D電場問題が公式化され、それぞれの計算プロセス、ポストプロセスが実行されます。



電磁場の解析モジュールごとの最適な解析ソルバーにより、3Df電場問題が公式化され、プリプロセス、計算プロセス、ポストプロセスが実行されます。




電磁場-温度場、電磁場-応力、温度場-応力などの連成問題に応用することができます。例えば、電磁場を計算した後に、そのジュール熱によって生じる応力を分析することができます。



ポスト・プロセッサは強力なグラフィックス機能、計算機能により、
多様な物理特性を分析し、また、オブジェクト指向APIを支援に
より、外部ツール(MS Officeなど)とリンクすることができます。




静電場-静磁場の解析:楕円形誘電性シリンダに及ぼす定常電場を解析します。楕円形透磁性シリンダに及ぼす定常磁場を解析します。

F

静電場解析:荷電粒子軌道を推定するための電場空間のモデル化します。解析領域内をクリックし、所望の粒子パラメータを指定することができます。




静磁場解析:電流に起因する磁界を計算し、電流フィールドは超伝導の導管中心に正確な電流を定義するために解析領域のエッジによって分割されます。



AC磁場解析:磁場接線方向を貫く半空間中の渦電流の拡散問題をモデル化し、磁界分布、渦電流分布、インピーダンスなどをシミュレートします。




非定常磁場解析:時間依存のそれぞれの分布量を観察するには、ローカル値を選択し、ViewウィンドウからTime Plotを選択することができます。

F

超伝導材料の解析:超伝導電流密度のコンター(積分路)に超伝導材料表面の接線電界強度Hを定義し、指定フィールドの境界条件を定義することができます。




DC伝導フロー解析:欠陥(空隙)を持つ断面のDC電流フローをモデル化し、それぞれのポテンシャル分布のカラー・プロットおよび電流密度のベクトル・プロットなどで観察することができます。



AC伝導フロー解析:誘電率および伝導性を持つAC伝導材料のをモデル化し、
それぞれのポテンシャル分布のカラー・プロットおよび電流密度のベクトル・プロットなどで観察することができます。




熱伝導解析:温度場の外部境界や内部境界を伴う定常および非定常の熱伝導解析の問題をモデル化し、それぞれの温度分布を観察することができます。



応力解析:荷重による材料中のフォンミーゼス応力および変位などを計算します。荷重は、磁場、電場、温度場における変形荷重をソースとする連成解析に応用することができます。


●お問い合わせおよび資料をご希望の方は、以下にご請求ください。

〒211-0016 川崎市中原区市ノ坪 66-5 LM武蔵小杉第2-215
TEL:044-738-0315 FAX:044-738-0316
URL: Structural Science World  E-mail: Structural Science Inc. (SSI)