Mecway Finite Element Analysis
メカニカル・ウェイ有限要素法解析アプリケーション
 
 
 


Mecway8 FEA 解析ステップとインターフェイス・ガイド

 

解析ステップ

有限要素法解析は、一般に3つのステップで処理されます。

1) モデルの構築
2) モデルの解析
3) 結果の評価

さらに、それらの手順は次のように分類することができます。

モデルの構築

オブジェクトを形成する節点、要素を定義する。

  • Mecwayによる作成
  • 既存のCADモデルからのインポート
  • 節点から有限要素メッシュ(ビーム、プレート、ブロック)を生成する。
  • 必要に応じてメッシュ細分する。
  • 要素に材料特性を定義する。
  • 節点、要素に境界条件、拘束条件などを定義する。
  • 節点、要素に荷重(外力、変位、圧力、温度、電圧、...)を定義する。

モデルの解析

  • 解析タイプを定義する。
  • 例えば、線形静解析、熱伝導解析、振動モード解析、動的応答解析、流体解析、電磁場解析など
  • 解析の実行

結果の評価

  • 結果ファイルを開き、表示したいパラメータを選択する。例えば、変位、応力、温度、流速、圧力、電圧、電流など
  • 2Dや3Dのコンタープロットおよび数値のテーブルを表示します。
  • 結果を評価する前にそれらを検証しなければなりません。
  • 適切な解析メッシュ精度に基づく計算値であるか、理論値、実験値および経験などから評価します。
  • 適切な解析メッシュ精度としては、一般に、さらにメッシュ細分を行なっても解析結果が大きく変わらなくなるまでを必要とします。

インポート・インターフェイス

  プログラム 拡張子
  Mecway *.liml
 ●  Abagus/CalculiX Input Files *.inp
 ●  AutoCAD DXF ASCII *.dxf
 ●  CalculiX Results Files *.frd
 ●  Gmsh ASCII Mesh *.msh
 ●  IGES Geometry *.iges *.igs
 ●  Netgen Mesh *.vol
 ●  Pictures *.bmp *.jpg *.jpeg *.png
 ●  STEP Geometry *.step *.stp
 ●  Stereolithography *.stl
 ●  UNV Mesh Files *.unv
 ●  XYZ Point List *.xyz

エクスポート・インターフェイス

  プログラム 拡張子
  Mecway                  *.liml
  LISA7 *.liml
  Stereolithography *.stl
  Gms ASCII Mesh *.msh
  CCX *.inp
  ANSYS *.txt
  Pictures *.png
  Movie *.mpeg *mpg

CADインターフェイス

Mecway FEAは汎用のCADアプリケーションによって出力されたSTEPやIGESのファイルを読み込むことができます。それらの多くはメッシュ・データが定義されてないため、メッシュは表示されませんが、それらのインポート形状データを使用し、あらためて、Mecwayによってメッシュ生成(自動メッシュ生成およびマニュアル生成)することができます。インポート直後では、CADモデルへのリンクデータがアウトラインツリーのGeometryグループに現われます。このグループの各幾何学アイテムは、メッシュ生成に使用しないソリッド・データも含んでいるかもしれないことに注意してください。

また、通常、IGESファイルのエッジ・データは独立しているためインポート直後では連続的な自動メッシュ可能モデルが展開されないため、そのIGESファイルからボリューム・メッシュを生成することができません。そのため、Mesh parametersダイアログボックスから、Surface mesh(表面メッシュ)オプションを使用しなければならないかもしれません。

STL(ステレオリソグラフィ)フォーマット・ファイルなどを読み込んだり、保存したりすることもできます。STLファイルには、Mecwayにおいて自動メッシュ対象外のtri3要素としてインポートされる三角形平面メッシュが含まれます。一般に、CADアプリケーションによって生成されたSTLファイルは、多少の歪んだシェープ要素を含むかもしれません。そのため、それらのシェープを改善し、シェルをソリッドに変換するために、Mesh toolsメニューから、Automesh 3D(3D自動メッシュ生成)を使用することが推奨されます。

STEPファイルによるインポート・チュートリアル



screw.step ファイル

  • MecwayエクスプローラのGeometryアイテムをクリックすると、STEP/IGESファイルに対応するOpen(開く)ダイアログが現れます。
  • Openダイアログから、screw.stepファイルを開きます。
  • screw.stepアイテムをクリックし、ポップアップ・メニューのMeshing parametersをクリックすると、Meshing Optionsダイアログが現れます。
  • OKボタンをクリックし、あらためて、screw.stepアイテムをクリックし、ポップアップ・メニューのGenerate meshをクリックすると、Meshing Optionsのパラメータに従って、メッシュが生成されます。



●お問い合わせおよび資料をご希望の方は、以下にご請求ください。
〒211-0016 川崎市中原区市ノ坪 66-5 LM武蔵小杉第2-215
TEL:044-738-0315 FAX:044-738-0316

URL: Structural Science World  Reference: Structural Science Inc.