LISA Finite Element Technologies
パーソナル有限要素法解析アプリケーション
 
      


LISA FEA プロダクト

LISA有限要素法解析アプリケーションは、機械/装置、構造物、熱交換器、HVACなどの設計、監視、テストのための多彩な解析機能を搭載し、プリ・プロセッサ、ソルバー、ポスト・プロセッサを統合したユーザー・フレンドリーな有限要素解析パッケージです。


LISA FEA 有限要素法解析プロダクト構成

静解析

モデルは、複合ソリッド、シェル、薄膜、3Dフレーム、ピン・ジョイント・トラスおよびそれらの異方性材料を組込むことができます。圧力、集中荷重、熱膨張、重力、遠心力および拘束条件などを指定することができます。節点拘束条件には、平面や剛体連結条件を定義することができます。周期的および線形的な対称性の定義のよって構造物を容易に単純化することができます。そして、損傷位置や安全係数の推定するための多様な応力を計算することができます。

モード解析

構造物の振動モードシェープと固有周波数を推定します。構造物の動的周期特性を解析することによって、動的応答特性の解析にも使用されます。薄膜、ソリッド、3Dフレームをサポートし、複雑な構造特性を解析することができます。

動的応答解析

非定常荷重(時間とともに変化する荷重)に伴う構造物の挙動は、コンピューター・シミュレーションなしで評価することは困難です。時刻歴モードを使用することが可能な非定常の推定された振動アニメーションおよび応力を生成することができます。

熱伝導解析

熱伝導解析は、対流、放射、熱源および温度特性の結果を使用して計算することができます。フィン要素は、容易にヒートシンク、ワイヤーおよびビームなどの断面をモデル化することができます。定常温度および熱流の分布をシミュレートすることができます。
流体解析




LISAは、一般2D/3D非粘性フロー、ナビエ-ストークス方程式による2Dフロー、多孔性材料の浸透性、ベアリング流体力学、プラスチック材のような非ニュートン流体をモデル化することができます。さらに、タンクや容器内の液体振動モードを推定することができます。
静電場解析

電位差を伴う導体断面の電場密度、電流強度などを推定することができます。
これはコンデンサー設計などのために必要です。
磁場解析

電流によって生じる2D磁界(BとH)を計算します。また、電磁場波の反響を推定するためのソルバーを持っています。
電流フロー解析

ソリッド導体内の電圧および電流の分布をシミュレートすることができます。解析に伴う集中抵抗器、電圧ソース、電流ソースは、任意の幾何学特性と結合することができます。抵抗の生成熱や電場を計算することもできます。

音響解析

室内や閉空感の反響効果などの解析に利用することができます。これは乗り物のキャビン内などの機械的振動に伴う強い縦波の影響をシミュレートするのに有効です。

LISA FEAは、解析条件に基づいた変位・応力分布(静解析)、振動・変形挙動(動解析、座屈解析)、温度分布(熱伝導解析)、流体挙動・速度ポテンシャル(流体解析)および電磁場、音場などのフィールド解析をサポートしています。



●お問い合わせおよび資料をご希望の方は、以下にご請求ください。

〒211-0016 川崎市中原区市ノ坪 66-5 LM武蔵小杉第2-215
TEL:044-738-0315 FAX:044-738-0316
URL: Structural Science World  Reference: Structural Science Inc.