Structural Science for Computer Aided Engineering and Solution

ストラクチャルサイエンスで取り扱う主なCAE解析、実験モード解析、振動/音響解析、計測制御、有限要素法解析などのシステムを以下に紹介します。それぞれのバーナー上をクリックすることにより各サイトへジャンプし、閲覧することができます。
 


 

Dynamic Design Solutions DDSは、構造解析(有限要素法解析)、実験解析(モーダル解析、応答解析)の統合化シミュレーション・システム、最適化シミュレーション・システムなどのCAEツールを世界に先駆けて提案した専門家集団です。

 

主力のFEMtoolsシステムは、FEAと実験のエンジニアがFEモデルの構造特性を識別し、多様なパラメータの不確実性を評価し、モデルアップデートのための解決策を得ることを目的としています。そのアップデートされたモデルによって高精度の解析が実現し、現実の条件下でのパフォーマンスを改善するためのより適切なシミュレーションが可能となります。

 


FEMtoolsCAE統合システム)

 

FEMtoolsシステムは、解析データと実験データの両方に対応するリレーショナル・データベースに基づいて設計されたモジュール構成アプリケーションです。解析と実験を統合し、相関分析や感度解析などの結果を検証し、有限要素解析モデルのパラメータや物理特性(材料特性、幾何学特性)をアップデートします。

有限要素解析ソフトウェアとのデータインターフェイス、プログラミング機能を備え、構造解析のみならず幅広く応用できるように設計されています。

   


FEMtools Model Updating

FEMtools モデルアップデーティングは、相関分析、モデル検証、プリテスト解析、モデルアップデートのための構造ダイナミクス・シミュレーションに不可欠なツールを搭載したCAE統合化システムです。

構造解析(静/動解析)と実験(モーダル解析/実稼働解析/応答解析)の相互間のモデル化要素をチェックし、モデルパラメータ、解析条件の不確実性を解析し、パラメータ同定、モデルアップデーティングに必要とされるすべての機能が含まれています。

   


FEMtools Optimization

FEMtools最適化モジュールは、 構造の設計最適化問題を解決するのに必要なツールを搭載し、有限要素解析問題のパラメータを評価し、定義に十分な柔軟性を提供し、関数再評価用FEソルバーとして使用するためのオープン・アーキテクチャ・システムとして設計され、最適化解析システムのプラットフォームとして利用することができます。

FEMtools モデルアップデーティングと組み合わせることにより、先進の最適化CAEシミュレーション・システムが実現します。

   


 

STARSystemシステムは、Windows標準仕様に基づく直感的なインターフェイスを持ったきわめて完成度の高いPCベースの実験モーダル解析システムです。
 
開発元は、計測コントロールシステムおよび実験モード解析の先導的な立場にある Spectral Dynamics(米国)です。

 


STARSystem最新バージョン

 

STAR7Modal Education

STAR7Modal

STAR7Premier Modal

 

先進の実験モーダル解析システムSTARSystemが、さらに、画期的な機能を搭載しました。

 

STAR7の最新グラフィックス機能としての3次元ソリッド・モードシェープ表示は、解析結果をより直感的に観察することができます。それらのモード・アニメーション表示をAVIファイル化したり、複数のアニメーション表示をスナップ写真として格納することもできます。

モーダル解析ソフトウェア技術に基づく先進のモード解析をSTARのユーザーに利用できるようになりました。

 


STARModal(実験モーダル解析)

STARModalは、世界で最もポピュラーな実験モーダル解析システムです。初心者でも直ぐに使いこなせる優れた操作性とグラフィックス機能を備えたパワフルで、ユーザーフレンドリなソフトウェアです。モデルの定義、データ計測の制御、カーブフィット(SDOF,MDOF)、自動フィット、アニメーション、モード信頼性評価関数(MAC)など、実験モード解析に必要な機能をすべて備えています。

 

 



STARAcoustics(実験音響解析)

STARAcoustics実験音響インテンシティ解析
システムは、STARSystemの優れた操作性とグラフィックス機能を継承し、さらに音響解析機能を搭載した音響解析システムです。

インテンシティ計測では、マイクロホン位相補正、振幅補正、ウェイティング関数を指定することができ、コンター図、ベクトル表示、ノイズ源を計算することができます。

 


QuickFieldシステムは、電磁場フィールド解析の専門家集団として世界的に知られているTera Analysis 社(本部:デンマーク)によって開発され、パーソナルかつ拡張性に富んだ電磁場解析、温度場・熱伝導解析、静解析などに対応したフィールド解析アプリケーションです。
 

QuickFieldは、電磁場解析の初心者から専門研究者にまで利用され、先進の有限要素法計算アルゴリズムと画期的なマンマシン・インターフェイスを搭載した高精度でユーザーフレンドリなアプリケーションです。特に、電磁気学と熱伝導の非定常解析問題は過渡的条件、フィールド・ソースおよび境界条件などを容易に指定し、解析することができます。さらに、複合的な物理現象の連成問題など、非定常電磁気解析プロセスによって生じる温度場解析、応力解析に応用することもできます。

QuickField6.xでは、従来の2Dモデル生成プロセスに3D Extrusion(押し出し)機能が追加され、QuickFieldによる3D FEAシミュレーションのマイルストーンにもなりました。より高精度な解析が可能になった2D/3Dフィールド解析アプリケーションです。

 

デンマークの著名な物理学者エルステッド(Hans Christian Oested,1777-1851)は、 近隣のルーケビンク町で生まれ、コペンハーゲン大学で薬学、物理学を学びました。1820年に電流による電磁気作用を発見し、 電磁気学の進歩に貢献しました。これを称え、磁場の強さの単位に「エルステッド」が使用されています。



QuickField(電磁場解析システム)

QuickField
システムは、電場解析、非線形磁場解析、過渡応答磁場解析、定常/非定常温度場・熱伝導解析、線形応力解析およびそれらの連成解析機能をもつ有限要素法(FEA)フィールド解析パッケージです。

QuickField は、ユーザーフレンドリーなモデルエディタ(プリプロセッサ)、ポストプロセッサ、高精度な解析ソルバーなどのモジュールで構成され、画期的なマンマシン・インターフェイスによるフィールド解析/構造解析に利用することができます。

 




LISA FEAシステムは、その操作性、解析能力、コストにおいて比較的小規模な解析モデルを対象としたパーソナル有限要素法解析システムです。

開発元は、有限要素法解析、シミュレーション技術を長年研究し、世界中の研究、設計、開発部門および教育機関に貢献しているSonnenhof Holdings, LISA Finite Element Technologies社です。

LISA FEA有限要素法解析システム

有限要素法解析技術の初心者や学生をはじめ、広範な技術者の要望に応えるため多様な物理学解析機能を搭載した有限要素解析ソフトウェアです。

静解析
動解析(固有値解析)
動的応答解析
定常/非定常・熱伝導解析
流体解析
電磁場解析
● ...

 



●お問い合わせおよび資料をご希望の方は、以下にご請求ください。

〒211-0016 川崎市中原区市ノ坪 66-5 LM武蔵小杉第2-215
TEL:044-738-0315 FAX:044-738-0316
URL: Structural Science World  Reference: Structural Science Inc.