QuickField logo
New version QuickField 6.3 SP2
Features
Free downloads
Support
News
Links

QuickField 6.3 SP2の新着情報

QuickField 6.3 SP2(サービスパック2)は、いくつかの新しい機能が拡張され、QuickField 6.3 SP1と異なります

  • 時間と座標に依存する保磁力(coercive force)
    前バージョンの定数だった永久磁石の保磁力は、定式を使用する座標と時間の関数として指定することができます。式のシンタックスは、算術演算および内蔵関数を使用してサポートされます。これは、DCおよびテンポラリの磁気公式による解析を可能にします。



  • Zoom To Fitプロット・ウィンドウ・ツール・ボタン
    QuickFieldポストプロセッサー中のプロット操作ボタンの機能が拡張されました。それはズーム機能だけでなく、プロット・サイズの変更も可能になり、また、zoom to fit オペレーションのための zoom to fit ボタンがXYプロットウィンドウ・ツールバーに追加されました。



  • ハーモニック計算数の増大
    ハーモニック・ブラウザー・アドイン中のハーモニック計算数が、100から1000に増大されました。


     
  • 電気回路素子は、前QuickFieldバージョンの電流回路エディタ・グラフィックスは、電流の正方向をベースにしていましたが、回路素子中の正の電流方向を示しませんでした。それは結果を解釈する際に混乱を引き起こしました。各回路素子のシンボルとして、抵抗器、コンデンサー、コイル、電圧、電流ソースおよびQuickFieldブロックは、正の電流方向を示されます。

また、以下のようないくつかのエラーが修正されました。。

  • 画像のエクスポートの実行によるユーザー定義フィールド画像セッティングを変更しません。
  •  同一モデルエッジ上の対流、放射線、熱流出境界条件の組み合わせ熱問題が正確に計算されます。
  • ...

●お問い合わせおよび資料をご希望の方は、以下にご請求ください。

〒211-0016 川崎市中原区市ノ坪 66-5 LM武蔵小杉第2-215
TEL:044-738-0315 FAX:044-738-0316
URL: Structural Science World  E-mail: Structural Science Inc. (SSI)