QuickField logo
New version QuickField 6.2
Features
Free downloads
Support
News
Links

QuickField 6.2 新着情報

QuickField6.0/6.1において拡張された3D静電場(Electrostatics)解析に加え、QuickField6.2では、3D DC電導(Conduction)解析および3Dは熱伝導(Stead-state Heat Transfer)解析が追加されました。

それらの3Dモデルは、QuickFieldモデル・エディタの2Dモデルから成型されるか、CADシステムからSTEPファイル・フォーマットを介してインポートされます。また新バージョンでは磁芯損失(Magnetic core losses)の計算もサポートされます。

3D DC電導解析

DC電流分布は、任意の電極を備えた3Dモデル中で計算されます。新しい3DモジュールのDC電導解析は、アース・システムの設計およびバイオロジカル(生物工学、医学)における組織や電場の電流分布の研究に利用できます。

3D定常熱伝導解析

温度フィールドは、既知の熱源、温度あるいは熱対流パラメータを備えた3Dモデル中で計算され、電気工学、建築設計およびバイオロジカル分野の研究に利用できます。

AC磁場中の磁芯ロス

フェロー・マグネティック(強磁性材料)、磁界変化伴う磁場では、渦電流やヒステリシスの効果によりパワー・ロスが生じます。一般にそれらは経験的な応用工学に基づくスタインメッツの方程式によって識別されます。このアプローチ(次のBertotti計算式:周波数fでの磁芯ロス)が、QuickField 6.2においてサポートされます。

ここで、ph、pc、peは、ヒステリシス、渦電流、超過ロスに相当します。また、係数kh、kc、keはオプションの材料パラメータです。磁芯ロスは、AC磁場ポストプロセッサで解析され、さらに温度分布識別のための熱伝導解析モジュールにインポートされます。

積分計算用ユーザー定義式

QuickFieldは解析結果の積分計算機能を搭載しています。QuickFieldポストプロセッサで提示される結果は、あらかじめ定義されたコンター(積分定義域)の解析タイプに依存します。しかし、それらの応用的に研究する場合、新たな積分計算(既存の積分定義域以外)を計算することが必要になるかもしれません。バージョン6.2からActiveField技術に基づいたカスタム関数によって、コンター(積分定義域表面あるいは統合表面)の積分計算が可能になります。

この新しい関数は、Microsoft Office VBA、MatLabおよびQuickField APIと互換性をもつ他のプログラミング環境によって使用され、またオブジェクト結果を呼び出し関数(GetCustomIntegral)のパラメータにより、CustomFunctionタイプとしてオブジェクトへリンクが可能です。

●お問い合わせおよび資料をご希望の方は、以下にご請求ください。

〒211-0016 川崎市中原区市ノ坪 66-5 LM武蔵小杉第2-215
TEL:044-738-0315 FAX:044-738-0316

URL: Structural Science World