QuickField logo
New version QuickField 5.8
Features
Free downloads
Support
News
Links

QuickField 5.8 新着情報

1. 磁性ステータスのインポート

磁気システムの設計エンジニアは、自己および相互インダクタンスを計算する必要があります。例えば、コイルに関する非線形問題では、メディアの磁気パラメータがすべてのフィールドソースに依存するため、複雑な問題が生じます。特に、自己/相互インダクタンスの計算は、電流誘導磁界に基づく設定によって決定されます。また、フィールドソースが作用する場合は、その電流分布のステータスにも影響されます。このように非線形メディアのインダクタンスを計算するには、より正確な損失透磁率の分布を推定しなければなりません。QuickField 5.8では、この複雑な問題を解決するための機能を提供します。従来のプログラム・インターフェイスを使用し、DC磁場問題において正確な透磁率の分布をインポートし、自己インダクタンスを計算することができます。

2. LabelMoverによる連続計算

LabelMoverは、連続計算、自動解析、最適化などの機能を支援し、多様なパラメータを分析するためのQuickFieldユーティリィティです。特に、自動的にQuickField問題グループを生成し、解析することが可能なため、より効率的な解析に利用することができます。QuickField 5.8のLabelMoverは、コンピュータのプロセッサを最大限に使用し、連続的にそれらのQuickField問題を実行することができます。自動的に生成されたQuickField問題は、連続処理のためのグループを統合します。連続可能なグループ数はプロセッサ能力に従って、デフォルト値が定義され、また、ユーザーによって、任意のに設定することもできます。

QuickFieldソルバーおよびメッシュ生成のパフォーマンス、高速性は、今日の驚異的なコンピューター・システムの性能を利用することにより、非常に大規模な解析問題にも威力を発揮します。

3. インターフェイスの改良

QuickFieldは、直感的に使用可能なツールとして高く評価されています。QuickField 5.8は、さらに、シンプルなユーザー・インターフェイスを実現するための多くの改良が加えられました。例えば、形状モデル・プロパティのための新しいウィンドウでは、幾何学オブジェクトに関する詳細なコントロールを可能とし、多様な物理データやメッシュ生成パラメータの割り当てを単純化します。

4. 新しいセットアップ・システム

QuickField 5.8インストール手続きは、最新OS(Windows7など)での操作環境との互換性を提供し、システム・ユーザーやIT管理者において適切にインストール・オプションを選択することが可能な新しいセットアップ・システムによってコントロールされます。

●お問い合わせおよび資料をご希望の方は、以下にご請求ください。

〒211-0016 川崎市中原区市ノ坪 66-5 LM武蔵小杉第2-215
TEL:044-738-0315 FAX:044-738-0316
URL: Structural Science World  E-mail: Structural Science Inc. (SSI)